詰め物(インレー)

詰め物(インレー)

Q、インレーとは???
A.虫歯を取った後に歯に装着する詰め物です。
虫歯を取って形を整えて型取りをして技工士さんに作ってもらいます。
 1日で治療できる白い詰め物の治療が適応でない時の治療です。


・ゴールドインレー・・・¥48600

 もう、虫歯にしたくない!長持ちさせたい!という方に最適なつめ物。
 
 金合金でできた詰め物で、柔らかい金属ですので歯への適合性に優れています。歯とともに摩耗しますので、歯との段差が出来にくく、虫歯再発のリスクが保険の物に比べ少ないのが特徴です。また、腐食や金属アレルギーなどのトラブルもおこりにくいと言われております。


・セラミックインレー・・・¥54000

銀歯や金歯は嫌!という方におすすめ。

金属を使用しないセラミック(陶器)の詰め物です。当然金属アレルギーは出ません。
見た目もよく透明感もあり変色しません。
歯を削る量が多くなるのが欠点です。
金属の詰め物と比べると破折のリスクは高くなります。


・ハイブリッドインレー・・・¥19440

白いものにはしたいけど、セラミックは高くて嫌!という方におすすめ。

歯科用レジンにセラミックの粒子を混ぜ込み、物性を高めたプラスティック製の詰め物です。金属アレルギーは出ません。
プラスティックなので、時間とともに変色し耐久性もセラミックよりも劣ります。


・保険インレー

・¥2780〜¥5240の各負担割り合分
歯の種類、虫歯の種類により金額が異なります
装着料、接着剤料金が別途かかります。

特にこだわりはない。銀の見た目でもOKという方に。
短期の機能回復には十分対応できるものです。歯に比べて硬いので長く使ううちに詰め物の周囲饒波をいためてしまう場合があります。歯とともに摩耗することなく、段差が出来る場合もあります。



インレー自体の耐久性
ゴールド=保険>セラミック>ハイブリッド
虫歯の再発防止能力
ゴールド>保険=セラミック=ハイブリッド
歯の切削量
ハイブリッド=セラミック>保険=ゴールド



院長から一言。
基本的に白い物はセラミックにせよ、ハイブリッドにせよ金属に比べると破折のリスクが高まります。ですので、高いから長持ちするという訳ではありません。ちなみに歯医者は自分の治療にゴールドを使う傾向強いと言われています。実際僕の治療も全てゴールドでやってもらっています!(欠点は見た目だけなので)虫歯の再発は、物の種類云々よりも、入れた後のお手入れに左右されます!是非定期検診を!

PAGETOP